LOGO

組合について About Us

兵庫県靴下工業組合は、大正4年の組合設立以来、
日本の靴下3大産地のひとつを代表する立場として
常に業界をリードしてまいりました。

現在も、組合と組合員様の相互努力と緻密な連携により、
「品質の兵庫」としての確固たる地位を確立しており、
これからもミライに向けて わたしたちの挑戦は続いていきます。

  • 明治そのはじまりは、明治19年のこと。
    兵庫県下での靴下製造業の発祥は、「明治19年に印南郡志方町(現在)の住民である稲岡啓吉さんが、上海から手廻しのくつ下編み機を持ち帰り、製造をはじめたことによる」と、されています。
  • 大正大正になり、どんどん機械化が進みました。
    はじめの頃はくつ下の製造は農家の副業としてのそれでした。大正初期には半自動くつ下編み機、大正13年には自動くつ下編み機が輸入され、どんどん技術革新も進み、生産も拡大していきました。
  • 昭和昭和24年、日本一のくつ下産地に。
    自動編み機が普及し、工場も組織化されていきました。兵庫県では、神戸港に近い立地を活かして、世界各国へくつ下を輸出。くつ下は日本を代表する輸出国になっていき、やがて戦争が起きます。そして、戦後の復興期より、さまざまな苦難を乗り越え、加古川市周辺は日本一のくつ下産地になりました。
  • 平成そして現在、日本の三大くつ下産地のひとつとして日本をけん引しています。
    東京都、奈良県、そして兵庫県が全国の三大くつ下産地と言われています。兵庫県の中でも、加古川市周辺は、全国有数の取扱高を誇っており、兵庫県で生産されるくつ下の訳半数が加古川市周辺で生まれています。

組合概要

組織名称
兵庫県靴下工業組合
設立
1915(大正4)年
代表理事/理事長
鷲尾 吉正(ワシオ株式会社)
専務理事
原 邦仁
所在地
〒676-0808
兵庫県高砂市神爪1丁目13番20号
電話番号
079-432-3365
FAX番号
079-432-3634
組合員数
50名(※令和3年5月26日 時点)
主要取引先
現在集計中
沿革
  • 大正4年/莫大小同業組合設立
  • 昭和28年/中小企業安定法により兵庫県莫大小統制組合を廃し、兵庫県莫大小工業調整組合を設立
  • 昭和33年/団体法に基づき、兵庫県靴下工業組合に移行
  • 現在に至る

アクセス

車でお越しの方は、当組合事務所内に十分な駐車スペースがありますので、そちらをご利用ください。
電車でお越しの方は、JR山陽本線「宝殿駅」から徒歩10分。